悪猫円舞曲-わるねこわるつ-

好きなものや日常をつらつらと綴るブログです。乙女ゲームとドラマCDの話題多め。

Archive [2013年11月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

「ALICE=ALICE 1 黒ウサギ」の感想

こんばんは。最近寝落ち率がハンパないうるめです。昨日、勿忘草 土方さんとALICE 三月ウサギをお迎えしましたー!週末が待ちきれず、早速土方さんを聴きながら寝・・・られるわけないです笑、寝落ちせずに2枚通して聴きました(^^*)ネタバレしない程度にちょっとだけ感想を。甘さは確かに低いかもしれません。ですが、本当に苦しくて切なくて涙が止まりませんでした。他の隊士のような直接的な逢瀬シーンは無いので、それが嫌!と...

「鳥籠ノ囚ワレ姫~黒騎士ノ章~」の感想

しばらく更新空いてしまいました;そうこうしているうちに11月も終わりが近づいていますね。大好きな「禁断吸血鬼」シリーズのスタッフさんによる「鳥籠ノ囚ワレ姫」シリーズ。前作「白騎士ノ章」のシナリオが面白かったので続編も楽しみにしていました♪「鳥籠ノ囚ワレ姫~黒騎士ノ章~」CV:森久保祥太郎以下、公式よりあらすじ++++++++++東の軍事大国(アイゼンブルグ)に招かれ、教会の視察に訪れた《聖皇国(ルクスア...

「吸血ダーリン case1 国内結婚・極道編」の感想

来週からまたもや怒涛の出張が決まったうるめです。今回も新幹線移動が何箇所かあるので、モアブラと神あそを連れて行きたいと思います♪さて、最近またまた感想UPが滞っているCD達ですが・・・ここ数日は近さんのALICE=ALICEばかり聴いています(^^;)「がじがじっ!」って言う近さんが可愛いすぎて(//△//)でも、慣れてきたのかすぐに寝落ちしてしまうのが悩みですねぇ・・・。←気が付けばフリトALICE=ALICEはさておき、今日は「吸...

「猛獣使いと王子様」の感想~オマケ+α~

さて、長々と語ってきた「猛獣使いと王子様」シリーズの感想も今回で最終回(^^*)今日はオマケやその他について語りたいと思います♪まず、「猛獣使いと王子様」のオマケの充実っぷりはハンパない!と声高に言っておきます笑。●Ex Side Story●本編とは別のストーリー。特に制限はかかっていませんが選択時に「本編クリアしてからプレイすることを勧めるよ」的なキャラボイスが流れて一応、牽制されます。(←された人がここに)●E...

「猛獣使いと王子様」の感想~隠しキャラ~

三連休があっという間に過ぎ去りましたね。ワタシは秋→冬への衣替えを兼ねた部屋の掃除をしたのですが際限なく増えていくPSPソフトとCDの山を見て改めて驚愕しました。収納場所確保しなければ・・・ひぃぃいい。さて、「猛獣使いと王子様」のキャラ感想最終回は隠しキャラの彼らです♪隠しとはいうものの、ギャラリーやExtraに「?」マークが2つあるので隠しは2人なんだということも分かりますし、登場人物から考えて誰なのかも・・・笑。...

霜月

今日から11月。2013年も残すところあと2ヶ月ですね。あ、そろそろ年賀状を注文しなければ。猛獣使いの感想は一時中断して、散財備忘録を・・・。10月散財したもの●ゲーム●猛獣使いと王子様 ~Snow Bride~DIABOLIK LOVERS MORE, BLOOD神々の悪戯●CD●SEVENTH HEAVEN7 カナデ新撰組血魂録 勿忘草 参 近藤勇ALICE = ALICE 1 黒ウサギBAD MEDICINE 1 志奴要●映画●劇場版薄桜鬼「京都乱舞」●マンガ●「大奥」10巻「シンドバットの冒険...

ご案内

プロフィール

悪猫うるめ

Author:悪猫うるめ
うるめです。こんにちは。

いい歳して乙女ゲーム&声優さんの世界に足を踏み入れました。細谷佳正さんが大好きです!

津田健次郎さん・近藤隆さんのやや掠れた低音や、遊佐浩二さん・鳥海浩輔さんの色気溢れる声、梶裕貴さん・下野紘さんの可愛い声も好きです。
最近、KENNくんと木村良平くんブームが来てます;

音楽はクラシックからメタル、エモまで広く浅く手を広げています。「声」や「音」が大好きです。

涙腺弱いくせに泣けるドラマCDやシチュCDを好んで聴いています。(あ、もちろんコメディも好きですよ!)
基本的にゲームもCDもアニメもキャスト買い多め。


地方の田舎町にひっそりこっそり生息中。世を忍ぶ仮の姿はしがない会社員です笑。

今更ながらTwitterはじめました。@urumecat
使い方イマイチ分かっていませんが;絡んでもらえると喜びます!!

最新記事

最新トラックバック

ブロとも一覧

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。